TOP > 相続方法の決定

相続方法の決定

相続の決定の方法の解説です。相続税の申告は相続の専門家集団、T&Aコンサルティングへ

ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください!

受付時間 平日9:30~18:00
ご連絡先 TEL : 03-3798-2186(担当:東山)

相続人が確定し、遺産の概要も見えてきましたら、あとはそれをどう分けるかになります。遺産にはプラスの財産とマイナスの財産があり、プラスの財産が多いか少ないかによって分ける際の考え方も変わってきます。

単純承認

単純承認のイメージ

相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法を単純承認といいます。
相続開始を知った時から3ヶ月以内(熟慮期間とも言います)に限定承認・相続放棄の手続きをとらない場合、自動的に単純承認となります。
しかしながら、相続開始を知らなかった場合は、相続人に単純承認の意思があったものと認める理由がないため、単純承認したものとは認められません。

単純承認したことになる一般的なケースは以下の3つになります。

  1. 相続人が、相続財産の全部又は一部を処分したとき。
  2. 相続人が相続開始を知った時から3ヶ月以内に限定承認又は放棄をしなかったとき。
  3. 相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私的にこれを消費し、 又は悪意でこれを財産目録に記載しなかったとき。

これらの場合は、相続する意思がたとえなかったとしても、自動的に単純承認になりますので注意が必要です。
また、単純承認は無限に権利義務を承継するため、相続するという判断は慎重に行なう必要があります。

相続放棄

相続放棄のイメージ

相続放棄とは、プラスの財産よりもマイナスの財産(いわゆる負債)が多い時など、何らかの原因で相続人になりたくない場合に相続権そのものを放棄することを言います。

相続対象となるもの
  1. 「不動産」、「現金」、「株式」、「自動車」、「債権」等のプラスの財産
  2. 「借金」、「住宅ローン」、「損害賠償責任」等のマイナスの財産
相続放棄ができる期間はたったの3ヶ月・・・!?

相続放棄は、通常の場合は、被相続人が亡くなったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立をしなければなりません。相続放棄をするかどうかを判断するためには、相続人が財産、借金のどちらが多いのか調査してその内容を把握する必要があります。
その調査期間として「3ヶ月」の期間が設けられているわけです。
条件が揃えば3ヶ月を過ぎても相続放棄はできる場合があります。
相続放棄をしようと思ったが、3ヶ月を過ぎてしまっているためできない!諦めて欲しい・・・・といわれてしまった方、諦めるのはまだ早いです。
お気軽にご相談ください。

3ヶ月を過ぎても相続放棄はできる場合があります!

相続放棄は相続が起きて(親族が亡くなられて)から3ヶ月以内にするのが通常ですが、例えば「亡くなったことを知っていた。自分が相続人であることも知っていた。ただ、借金があることを知らなかったから相続放棄はしなかった。」というケースの場合、最高裁判所の判例では相続放棄が認められました。

限定承認

限定承認とは、被相続人の残した財産において、プラスの財産とマイナスの財産があった場合に、プラスの財産の範囲内においてマイナスの財産も相続し、それ以上のマイナスの財産を相続しない方法です。

限定承認に必要な手続き

相続人であると分かった時から3ヶ月以内に家庭裁判所に限定承認申述書を提出する。この限定承認申述については相続人全員で行う必要がある。
申述書の提出から5日以内に全ての相続債権者及び受遺者に対して公告を行う。また個別の債権者には個別に催告を行う。

限定承認が有効なケース

限定承認が有効な場合とは、マイナスの財産がどのくらいあるか分からない場合、またプラスの財産とほぼ同額であると見込まれるが負債を引き受けたくない場合になどが有効なケースと考えられる。

限定承認の流れ

自分が相続人であると分かった時から3ヶ月以内に被相続人が生前住んでいた場所の家庭裁判所に限定承認申述書を提出して行う。
また、限定承認を行ってから5日以内に全ての相続債権者および受遺者に対し、2ヶ月以上公告を行う。また、個別の債権者には個別に催告を行う。

大きな地図で見る
大きな地図で見る
所在地本社 大森税務署前店
〒143-0024
東京都大田区中央7-5-6山本ビル1階
三田支店
〒108-0073
東京都港区三田3-4-10 リーラ聖坂1F
受付時間平日9:30~18:0003-3798-2186

お問い合わせ 詳しくはこちら